日本人のやり方のアンチエイジング

自分がなぜアンチエイジングしたいのかという原点を今一度振り返ることが大切ですね。原点を意識すると何が違ってくるのかというと、モチベーションが維持できるということです。

私はアンチエイジングを目指すんだ!その強い意志はどこから来るのかと言えばモチベーションです。そのモチベーションが湧き上がってくるものは何かと言えば原点があるからです。

例えば和食中心の生活をすればよいという話を聞きませんか?

やっぱり日本人は日本食が1番です。

よその国の食べ物を食べると最初は美味しいと思います。

でもカロリーが高かったり、日本人の体質に合わなかったりして体のバランスが崩れてしまうのです。

何か食べ物に悪いものが含まれているというわけではありません。でも体に良いものであっても日本人の体にあわなければそれはやっぱり悪いものと言えるのです。

そう考えると和食の場合は間違いなく体にいいものばかりです。

よく漬け物などは塩分が多いので、お年寄りや高血圧の人には遠慮しなければならない食べ物としていわれ、悪名高くなっています。

しかし日本にはお米があります。これと一緒に取れば塩分が感じられなくご飯が進むはずです。

ご飯をそれほどたくさん食べるわけではありません。ですので漬物もそんなにたくさん食べている訳では無いのです。

このように自動的に制御かかったり、バランスよく食事ができる和食は最高です。アンチエイジング方法も同じでバランスよくやるためには日本人に合ったやり方を考えなければいけませんね。